天ぷら成生、カンテサンスなど、名だたるトップシェフがこぞって仕入れたがる焼津のサスエ前田の魚。
その魚は、前田さんのお眼鏡に叶う料理人しか仕入れることができず、また前田さんの魚は、オーダーメイドのように、シェフや店の料理に合わせた特別な「手当て」が施され、どんな魚も、これ以上ない状態に仕上がって店に届くのだという。
そして今、静岡で最も前田さんの魚を楽しめ、成生の次に予約が取れないと噂の店が、今回の焼津「馳走 西健一」だ。
その店では、前田さんの見立てによる魚介をフレンチベースの料理で心ゆくまで愉しめる。
西シェフは以前、広島で人気フレンチを営んでいたのだが、その頃、前田さんの魚に惚れまくり、だったらいっそのこと焼津に出店しちゃえ!と広島から移住。今年6月に開店したばかり。
しかも、西シェフは広島から、噛み締めるたびにスープになる脂と言われる極上肉「榊山牛」を持ってこられました!
開店して間もないのに既に来年までほぼ満席。しかし、雅食俱楽部spoonaの皆様のために7席、キープしておきましたので!今回は、その西健一の厨房に魚の神様・前田さんも立ち、ずらりと並んだ魚を前田さんが熱くプレゼン。それを料理していくライブ感は、スプーナイベントならではです!こんな豪華なイベントは史上初めてです! 東京では絶対に食せない、焼津で獲れたばかりの鮮度、色つやを楽しめる。白いダイヤといわれる幻の魚「白河(シラカワ)※」や、赤座海老など前田さんでしか入手できない素材を、目の前で前田さんにプレゼンしてもらいながら西シェフがさばく。 運が良ければ、世界一美味しいカツオと情熱大陸でも評判になった幻のカツオ「もち旨ガツオ」も食べられるかも。全ては、天才前田の「手当て」が施された貴重な魚! メインには極上肉「榊山牛」もありつつ、普段はやらない特別コースです。 乞うご期待!※白河とは? 白甘鯛(しろあまだい)の別称。 甘鯛には黄アマ、赤アマ、白アマの種類があるが一般に出回るのは殆どが赤甘鯛であり、赤アマが甘鯛の代名詞になっている。白甘鯛は赤よりも美味しいのだが、極希にしか穫れないので、幻の魚になっている。本来の「ぐじ」は、この白甘鯛を指していたと語る古老が多い。シロアマダイは他の2種に比べ、身に弾力があり、脂が乗っています。 もともと味の良いアマダイに、さらに芳醇な脂と歯ごたえが加わることが超高級品として扱われている理由。

【概要】
日時:12月11日(日)
開宴:18時00分
会場:馳走 西健一
静岡県焼津市西小川4-8-9
定員:7名(カウンター貸切)
現地集合、現地解散となります!